筑波大学の総合選別入試について

保護者

東京都

高3の娘を持つ親です。東京に住んでおり、娘は筑波大学の生命環境学の地球学類を目指しています。

筑波大学で今年の入試から始まる総合選抜について質問です。

  1. 総合選抜と一般入試のどちらを受験するか迷っています。両方とも受験はできますか?
  2. そもそも総合選抜と一般入試は何が違うのでしょうか?
  3. 総合選抜では理系でも3つパターンがあるようなのですが、何が違うのでしょうか?
  4. 娘はどちらを受けた方が、より合格に有利でしょうか?

よろしくお願いします。

アドバイザーからの回答

ご質問ありがとうございます。

まず始めに

回答に「パンフレットP〇〇参照」記載している場合は、以下の筑波大学の入試案内のページを指します。
https://web-pamphlet.jp/tsukuba/2020e3/html5.html#page=1

それでは、順番に回答致します。

1.  総合選抜が始まると聞き、一般入試と迷っています。両方とも受験はできますか?
 一般選抜と総合選抜の併願はできません。(パンフレットP10参照)

2. そもそも何が違うか?
- 一般選抜(学類・専門学群選抜):学びたい学類を決定した上で、その学類の選考を受ける選抜方法。つまり、出願時にはどの学群で学ぶかを決める必要があります。
- 総合選抜:2年次から学群や専門学群を決めることができる選抜方法。理系Ⅰ・Ⅱ・Ⅲなど大枠の方向性を持った区分で選抜されます。つまり、出願時に学群を決める必要はなく、1年次に様々なことを学びながら、2年次に専門を決めることができます。
(パンフレットP11参照)

3.  総合選抜における理系3パターンの違い
志向性の違いで3つに分けられています。
- 理系Ⅰ:入学の時点で物理学の素養を必須とする分野を志向する学生を選抜
- 理系Ⅱ:入学の時点で、特定の分野にとらわれない理数系志向の学生を選抜
- 理系Ⅲ:入学の時点で、数学に重点をおいた理数系の分野を志向する学生を選抜```

理系Ⅰでは物理の受験が必須、理系Ⅲでは数学の配点比率が高くなるなどパターンによって試験科目や配点が異なります。(パンフレットP12参照)

また、2年次に学群や専門学群を決める際にも上記3つの区分が関係してきます。

具体的には、優先受入人数というものがあります。ご志望の地球学類では、理系Ⅱの選抜区分の学生が優先して受け入れられます。(パンフレットP13参照)

  1. 一般選抜と総合選抜、どちらが有利か? 総合選抜は、今年度からの入試のため、一概に比較ができません。 しかし、定員の数で言えば、
  2. 地球学類全体定員:50名
  3. そのうち、総合選抜:12名、一般選抜(学類・専門学群選抜):21名 と、一般選抜の枠のほうが多いです。

また、前述の通り、総合選抜は幅広い区分でも選抜方法で、お子様は学びたい学類が明確です。
総合選抜で入学したとしても、2年次に地球学類に必ず進めるとは限らない(本人の志望と1年次の成績に基づいて決定される)ということからも一般選抜での受験が良いのではないでしょうか。